代表082-422-2502

皮膚科
美容皮膚科
082-426-3838

aga

aga

男性のお悩みのひとつに、「薄毛」が挙げられます。通常髪の毛は、毛が伸びる「成長期」と抜け落ちる「退行期」、そして生えかわる「休止期」のヘアサイクルを繰り返しています。このとき、成長期にあるにもかかわらず毛が抜けてしまうと、薄毛につながるのです。

広島県東広島市、西条駅前の美容皮膚科「木阪クリニック」では、男性型脱毛症AGAの治療に力を入れており、患者様にぴったりの治療法をご提案いたします。

薄毛に悩んでいる方、諦めかけている方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

男性が薄毛になる疾患「AGA」

男性が薄毛になる疾患「AGA」

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、男性が薄毛になっていく疾患をいいます。AGAの原因は、おもに男性ホルモンのひとつテストステロンが影響していると考えられ、高齢の男性だけでなく20代や30代にも起こるのが特徴です。

薄くなる箇所はいくつかのパターンがあり、放置していても回復することはなく進行していきます。薄毛の進行を止めるには、適切な治療と発毛効果のある薬の使用が効果的です。

前立腺肥大症患者向けの成分「デュタステリド」が、AGAに効果

「デュタステリド」はもともと前立腺肥大症の患者向けに開発された薬でしたが、AGAにも効果が認められたため、AGA治療薬としても承認されました。デュタステリドは薬の成分の名前で、AGA治療薬としては「ザガーロ」として処方されています。

Actions and effects of dutasteride

AGAのおもな原因には男性ホルモンが大きく関係しているといわれています。善玉男性ホルモンが、毛根に存在する「5αリダクターゼ」という酵素により、悪玉男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することで薄毛が進行するのです。

デュタステリドが5αリダクターゼの生成を抑制することで、薄毛の進行を抑える効果が期待できます。いわゆる“守りの治療薬”といえるでしょう。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、AGAにはⅡ型が影響しています。薄毛治療薬の代表ともいえるフィナステリドに比べ、Ⅱ型5αリダクターゼに対する薬理作用は約3倍、増毛効果は約1.6倍といわれています。

Side effects of dutasteride

デュタステリドの副作用として挙げられるのは、性欲減退や勃起機能障害(ED)といった男性機能の低下です。発現率は低く危険性は低いといわれていますが、子どもを望む方や不妊治療中の方は服用をおすすめしていません。

また、肝機能障害が副作用として現れるケースもあります。こちらも発生は極めてまれとしていますが、服用後に異変を感じたらすぐにご相談ください。

そのほか、乳房障害や気力の低下、うつ症状、蕁麻疹などの症状が現れることがあります。

血管拡張作用で薄毛を改善する
「ミノキシジル」

血管を拡張する働きがあるため、もとは高血圧患者の治療薬として開発されたミノキシジル。1979年から使用が認められてきましたが、高血圧患者の副作用として多毛が確認されたため、発毛剤として開発が進められました。

1988年にはAGA治療薬として認められ、フィナステリドやデュタステリドと並ぶ代表的な治療薬になりました。

Actions and effects of minoxidil

ミノキシジルのおもな効果は、毛細血管を広げ血液の流れをスムーズにすることです。血行を良くするとともに髪の毛の成長を促し、ヘアサイクルを延長させる働きも期待されています。

さらに注目したいのは、毛乳頭細胞そのものを増殖させたり、発毛因子の産生を促したりする効果があるという点です。髪の毛の生成に関わる毛母細胞の死滅を防ぐ効果もあり、脱毛抑制とともに育毛に効果があるとされています。

Side effects of minoxidil

ミノキシジルには内服薬と外用薬があり、それぞれ副作用が異なります。内服薬では動悸やめまい、外用薬では発疹やかゆみが起こる場合がありますが、どれも発生頻度は低いという報告があります。

また、まれに初期の脱毛が認められるケースがありますが、これはヘアサイクルによるものです。使用し始めて8週を過ぎると徐々に安定していくため、断念せず継続することが大切です。

そのほかに、むくみや多毛症、肝機能障害や心疾患などが挙げられます。いずれも発生はまれですが、違和感がある場合はすぐにご相談ください。

ミノキシジルを15%配合した
「デュアルゲン」

ミノキシジルを15%配合した「デュアルゲン」

デュアルゲンは、ミノキシジルが含まれた外用育毛剤です。デュアルゲンには、 AGA治療において日本皮膚科学会でも推奨されているミノキシジルが15%も配合されています。

さらにミノキシジルの溶解性を高める成分「アゼライン酸」に加え、ミノキシジルの浸透を促進する成分レチノールなど、発毛に効果的な成分を多く含みます。

使用法はとても簡単で、1日1回薄毛が気になる部分に塗布し、指先でまんべんなく伸ばします。内服薬と併用することでより効果を見込めるといわれているため、症状に合わせてご提案させていただきます。

Side effects of dual gen

デュアルゲンの副作用は、頭皮の発疹やお肌の赤み、かぶれ、かゆみといったお肌のトラブルが報告されています。とくに塗布した部分のかゆみや熱感が目立ちますが、いずれも長期的に続くものではありません。

高い効果と即効性が期待できる
「発毛注射」

AGA治療の代表ともいえる、フィナステリドやミノキシジル。外用薬として用いられることが多い印象ですが、当院ではよりダイレクトに発毛成分を届けるために、発毛注射を取り扱っております。

患者様に合わせて配合した有効成分を頭皮へ直接注入することで、即効性を高めます。浸透率が高く、効果を実感しやすいといわれています。

AGA治療には血液検査が必要

薄毛治療をはじめる際、当院では血液検査を行います。薄毛と血液検査は関係ないように感じがちですが、血液検査をすることで、薄毛の原因がAGAなのかそれ以外の病気なのかを確認することができます。

血液検査でAGAと診断されれば、AGAの治療を進めます。しかし、それ以外の病気の場合、AGAの治療をしても効果が認められないケースが多いのです。もしAGAと誤診してしまうと、ほかの病気が進行してしまうケースもあるため、血液検査でしっかりと原因を追究することが重要だと考えています。